浦安で一番歴史の長い船宿

メバル・カサゴ

 

メバルは目が大きく張り出しているのでメバルと呼ばれるそう。目が大きくて、全長30㎝くらいになる。
カサゴは全体的にごつごつした感じで、背びれには、するどいとげがある。どちらも釣りやすい魚といわれる。
 

しかけ

竿 1.8m以上 リールが両軸でやわらかめがおすすめ
道糸1.5号
よりもどし
針12号
オモリ20号
おもりから針までは20㎝
根にかかりにくいところでは短くする
根がかりが多い場所で釣るから仕掛けとオモリは多めに持っていこう。
 

えさ

モエビ、サバの切り身、青イソ

えさを投入したら竿を水平に持つ。エサが底に着いたら、竿を少し動かして、エサに動きを与える。
カサゴは岩の間でエサを待っている。

カサゴやメバルに針を飲みこまれた時、魚体にふれると、背びれでけがをすることがあります。
魚を布でつかみ、針外しを使って針を引き出しましょう。
浅いところにいるカサゴやメバルは、褐色か黒色がかっているものが多い。深いところの魚は赤色が強い。
PAGETOP
Copyright © 岩田屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.